大阪観光

大阪観光

  •  
  •  
  •  

アサヒビール吹田工場

アサヒビール吹田工場」は、大阪府吹田市にあるアサヒビールの製造工場で、全国に8か所あるアサヒビール工場のうちの一つです。


アサヒビールは、1889年(明治22年)に創業し、1949年(昭和24年)に大日本麦酒株式会社から分割して設立されました。当初は大日本麦酒株式会社から、西日本で販売する「アサヒビール」と、東日本で販売する「サッポロビール」という形でも分月となっていました。

アサヒビール吹田工場は、アサヒビール発祥の地として100年以上の歴史を持った工場で、貴重な歴史的資料や、鮮度を追求する現在のビールづくりを見学することができます。

工場見学の内容は、見学コースを工場の案内係が、ビールの製造工程やチョットした豆知識などを、分かりやすく・丁寧に・楽しく紹介してくれます。ひと通り見学した後は、吹田工場で作ったばかりの出来たて「アサヒスーパードライ」を、鮮度を楽しみながら試飲することができます。

見学の順番は、1.映写室にて工場見学をする前に、大型スクリーンでアサヒビールの行っている取り組みなどを見ます。2.スタートホールにて、展示されている操業開始当時の写真などを見学し、120年に及ぶビールづくりの歴史を学びます。3.ビールの原料が展示されているコーナーにて、直接麦芽やホップに触る体験ができます。4.仕込み工程では、大きな窯の中で原料の煮込みやビールの元となる麦汁づくりを見学できます。5.発酵工程では、ビールづくりでは重要となる発酵から熟成までを、分かりやすい映像で紹介します。6.熟成したビールは、濾過室で酵母などが取り除かれ黄金に輝くビールに変化していきます。7.出来上がったビールは、瓶や缶にそれぞれ詰められていきますが、その製造ラインを見学することができます。8.瓶や缶に詰められたビールは、出荷される前に厳しい品質検査を受けそれに合格したものだけが、商品として出荷されていきます。こ

その後ゲストホールにて、出来立てビールを3種類試飲することができます。
アサヒビール吹田工場の見学時間は、ビールの試飲を含んで約90分間で、見学の受付時間は午前9時30分~午後3時までとなっています。参加費は無料となっていますが、事前に工場見学の申し込みを行う形となります。

吹田工場には、その他にも竣工当時の建物のレンガ壁をそのまま移設して、工場のモニュメントとして利用していたり、商業当時のビール工場の象徴でもあった煙突の兜部分が展示してあったり、更に大正時代のレンガの建物をそのまま残すなど、各所に歴史を感じることができます。


▲ PAGE TOP 

Copyright 大阪観光 All Rights Reserved.