起業をするにあたり

起業をするにあたってなんですが、最低資本金制度の廃止で1円からでも起業が可能になりました。
過去に有限会社はできましたが、新会社法施行後なので有限会社は新規で出来なくなっています。

 

過去の有限会社は存在しますが、現在は株式会社 合同会社(LLC) 合名会社 合資会社の四種類になりました。

 

確認株式会社は5年以内に最低資本金額(1,000万円)まで増資する必要もなくなりました。
昔に比べ色々変わった事によって(新会社法など)起業をしやすくなったようです。

 

 

起業をするにあたって考える

 

起業をするにあたって考える事は、山ほどあると思います。
誰とどのような起業をするか?資金はいくらあるか?など具体的にする必要があります。

 

書店には、起業についての本やベストセラーの自己啓発の本、高額なセミナーなどが多いという事は、皆が成功を求めているということかもしれません。

 

少ない資金少人数でも確かに起業はできますが、目標が高く大きな起業をするには、やはり有能な人材や資金が必要になってきます。

 

登記にかかる費用などは掛かりますが、起業は1円からでもできるようになりましたが、起業にいくら掛かるか考える必要があります。

Link

大阪での税理士なら!会社設立・起業・相続・税務は顧問契約数700と実績豊富な税理士法人SBCパートナーズへお任せ下さい。
大阪の税理士 SBC

 

名古屋での会社設立・起業をご検討の方は、必見!会社設立を専門家に依頼するのがお得です。今ならさらに2つの特典付きです。
会社設立を名古屋で!

 

廃車の高価買取、無料引取り・手続きはLL廃車サービスへ!
廃車買い取りサービス

最新記事

起業

その他

 
起業しよう.com
Copyright  起業しよう.com  All Rights Reserved
ページの先頭へ